子供の偏食の原因!

小さなお子さんが好きなものばかり食べてしまい、嫌いなもの全く食べない!

 

そんなお悩みを抱えていらっしゃるお母さんはたくさんいらっしゃると思います。

 

では、どうしてお子さんが、好きなものしか食べず、嫌いな物はまったく食べなくなってしまったのでしょうか。

 

その原因は、お子様の嫌いな食べ物を無理強いして食べさせてしまうことだったのです。

 

この方法が当たり前だと思う方もいらっしゃると思いますが、無理強いして食べせてしまうことにより嫌いなものに敏感になり、偏食を悪化してしまいます

 

私も子供のころは好きなものばかり食べていて嫌いなものは一切食べないという状態でした。

 

今は嫌いなものはなく、野菜も大好きですし何でも食べられます♪

 

どうやって改善するか…

 

それは逆に好きな食べ物を増やすということです!

 

嫌いなものを特定して何度も食べさせるのではなく、色々な物を食べさせてみて好きなものを増やしていくことが改善に繋がります。

 

例えば野菜嫌いなお子さんでしたら、嫌いな野菜と同じような見た目のものでなく違う見た目のものを食べさせてみるのも良いでしょう。

 

枝豆なども栄養素が豊富ですし、見た目もコロコロとして可愛いと思うのでお子さんも興味を持ってくれると思います。

 

しかし、最初はどんなお子様も見た目に気をとられて、嫌いなものも食べてくれるかもしれませんが、相当味も見た目も変えないと、すぐにばれそうですね^^;

 

そんなときに活躍するのが、野菜の栄養素が一杯で形がまったく違うひとてまいが活躍するのです。

 

>>偏食中の栄養不足にサッとひと振りいつものごはんが 栄養バッチリに変身するのが『ひとてまい』なのです!

 

まずは嫌いなものを食べさせるのではなく好きなものを増やす!

 

色々な食べ物に挑戦してみてお子さんの偏食を改善を目指してみてくださいね♪

 

 

辻希美さん・里田まいさん・住谷杏奈さんも愛用中!

着色料・保存料・香料ゼロ・放射能検査済み!